ニキビ跡が治らないと悩んでました

ニキビ跡が治らないと悩んでたニキビ染みをキレイにした美容液

ニキビ後が治らない

 

ニキビ跡が治らず、ずっと悩んでました。ニキビが治った後で悩んだ赤や茶色のニキビジミ。

 

高校生の頃からニキビに悩んでいました。ニキビは治ってもその跡が消えず、赤みが沁みこんで残ったままでした。

 

出かける時には、ファンデーションを厚く塗ってたんです。。

 

酷かったニキビの後の赤や黄色のニキビ染み。顔のお肌を見るともう治る気がしませんでした。

 

ニキビ跡が治らない原因を調べてみました。

 

どうしてよいかも分からなかったんですが、ニキビ染みが残る原因を調べてみました。

 

原因を調べている内に間違った対策をしていたと気づいたので、治るかもしれないと考えるようになったんです。

 

前向きな気持ちとある美容液で対策をするうちに、ニキビ染みが良くなってきました。

 

私がニキビ跡を治した方法についてお伝えします。

 

ニキビ染みの原因は肌のバリアの機能低下でした

ニキビ跡が治らない

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、や色素沈着で起こったシミのことです。

 

クレーターは赤ニキビが悪化し、皮膚組織が壊れた状態です。私はクレーターではなくてファンデで隠しきれない赤や茶の染みが悩みでした。

 

ニキビは治っているのに赤みが残っていることって良くありますよね。これはニキビの炎症で起きた毛穴の周りのうっ血です。

 

茶色に見えるシミは、ニキビから皮膚を守るためにできた大量のメラニン色素。

 

大事なことは、ニキビの本当の原因は乾燥肌によって起こる肌バリア機能の低下だと知ることです。

 

だから乾燥肌を改善することが、ニキビ跡の最大のケアの方法なんです。

 

私はこのことに長く気づかずファンデの厚塗りをしては、お肌をこすって乾燥肌を悪化させていました。

 

ニキビ跡・シミの対策とケアのポイント

 

ニキビ跡・ニキビ染み美容液ベルブラン

メラニンによるシミを消すには

 

乾燥肌の状態で起こったニキビ染み。乾燥肌対策をすることで治る希望が見えてきました。

 

メラニンによる色素沈着は、保湿成分と美白成分の入った化粧品を使えば改善します。

 

ニキビ染みを治すポイントの保湿

 

乾燥肌の固い角質には、美容液に含まれている美白成分が肌に浸透しないんです。

 

保湿をするとニキビ跡の周りの角質がやわらかくなり、美容液が浸みこんできます。

 

ちょっとした美容液ぐらいでも、肌に浸透すればニキビ跡が消える女性もいるぐらいなんですね。

 

このように肌の保湿がニキビ跡・ニキビ染みを治すために大事なことです。

 

皮脂を洗浄効果の高い洗顔料で洗いすぎない

 

洗浄効果の高い洗顔料で洗いすぎない

 

今まで何の疑問も持たずに、間違ったことをたくさん行ってきました。皮脂ってべたつくので、美容にとっては全て邪魔だと思っていたんです。

 

だから必要な皮脂まで洗い流してたことに気付かず、乾燥肌・肌荒れを酷くしていました。わざわざニキビを作るような事をしていたんですね。

 

皮膚が乾燥すると角質が固くなります。毛穴が狭くなるので、わずかの皮脂でも詰まるようになります。

 

役に立ったニキ染み用美容液

 

ニキビ跡やニキビ染みを良くするには、お肌の栄養が十分に必要です。お肌に栄養を浸透させると、細胞一つ一つが瑞々しく蘇ります。

 

保湿成分と栄養を、角質層にまで浸透させる美容液があったんです。その美容液がベルブラン美容液です。

 

ニキビ跡・ニキビ染み美容液ベルブラン

ニキビ跡製品は色々あるんですが、効果の高い成分は余り入っていません。ベルブラン美容液には、ニキビ跡とニキビ染みに効果の高い成分がたくさん入っていました。

 

ベルブランに入っているニキビ跡に効果の高い成分

油溶性甘草エキス、

トラネキサム酸、

カモミラエキス

アルビニアカツマダイ種子エキス

 

もちろん個人差はあるんですが、私にはベルブランとの相性が良かったです。正しいケア知って良いニキビ跡のケア用品を使うことが大事なんですね。

 

最初は私の肌質に合うかどうかが不安でした

 

自分の肌質に合うかどうかは使ってみないとわかりません。効果が無かったらと思うと購入もためらってしまいます。

 

でもベルブランには60日間返金保証があったので注文できたんです。

 

ベルブランを4か月使った感想

 

ニキビ跡が酷い赤染みがかなり治った

 

ベルブラン美容液を使って2〜3日で、化粧のりが違ってきました。凄い乾燥肌が多少とも柔らかく潤ってきたんです。

 

使い始めてから4か月で赤みが殆ど消えて、茶色のニキビ染みも薄らいできました。その時は本当に嬉しかったです。

 

もうファンデーションも厚塗りせずに済むんですよ。今までよりずっと薄く塗って出かけられるようになりました。今後も少しずつニキビ染みが綺麗になってくると思います。ベルブランを使って本当に良かったです。

 

>>ニキビ跡専用!【ベルブラン美容液】の詳細

 

 

 

ニキビ跡が治らないで困ってる人のための動画情報は ⇒ こちら

 

 

 

 

 

治らないニキビ跡も、スキンケアと規則正しい生活で、綺麗になります。

 

ニキビ跡は、肌に出来た炎症、傷、シミの状態のことで、ニキビ跡になると、なかなか治りません。ニキビ跡の種類によっては、半年〜1年、一生治らない事もあるんですよ。

 

ニキビの1番のトラブルは、症状にあわない間違った治療をしてしまい、ニキビが治っても跡が残ってしまう事でニキビ跡が治らないと悩むことになります。
ニキビ跡のケアは勿論大事ですが、ニキビを繰り返し同じ場所に作らない様にするのも大事な事です。

 

 

ニキビ跡の種類と改善方法

 

ニキビ跡は、症状によって3つのタイプに分かれます。

 

・赤みが残るタイプ
・紫色や茶色のシミが残るタイプ
・クレーター状の凹凸が残るタイプ

 

種類別の改善方法について

 

赤みが残るタイプのニキビ跡は、ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ったスキンケアで、薄くなります。
ビタミンC誘導体を配合した化粧水と美容液が最も効果が見込めますが、ビタミンCの服用は効果がありません。

 

スキンケアの手順を述べます。、

 

1、洗顔  :洗顔料で洗います。ただ顔をこすらないでくださいね。
2、化粧水 :ビタミンC誘導体配合のものを使い
3、乳液  :保湿成分含有のものを使いましょう。保湿が大事です。
4、美容液 :ビタミンC誘導体配合
5、イオン導入をする

 

イオン導入は、美容皮膚科で行うか、家庭用のイオン導入器で行いましょう。

 

紫色や茶色のシミが残るタイプのニキビ跡も、この方法で薄くすることができます。
さらに、茶色いシミが残るニキビ跡には、ピーリングも効果的です。
ピーリングとは、古くなった角質を、ピーリング剤で落とすという角質ケア方法です。
酸度の強いピーリング剤は、やけどのようになる肌トラブルもあるので、刺激が少ない洗い流すタイプが良いでしょう。

 

ピーリングをした後の注意点

 

・美容液でしっかり保湿。
・刺激を与えない。
・紫外線対策をする。
・ピーリングのやりすぎに注意。
・ピーリング後、ビタミンCイオン導入を行うと効果的。

 

 

クレータータイプの治療法

 

クレーター状のニキビ跡はセルフケアでは治らないので、美容皮膚科での治療がオススメです。皮膚科での治療は治療費はかかりますが、治らないといわれていたクレーター状のニキビ跡でも、目立たない程度には治ります。

 

どのような治療法があるのかと言うと、

 

・ケミカルピーリング
・フラクセルレーザー
・フォトフェイシャル
・FGF治療
・培養表皮移植

 

軽度のものはケミカルピーリングでもよくなります。重症のクレーターニキビ跡はレーザーを当てる治療方が有効です。

 

最近では、肌のクレーター部分に線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射するFGF治療と言われる方法が注目されています。コラーゲン注射等は2〜3ヶ月しか効果が続きませんが、FGF治療は、長期間の効果が期待できます。

 

 

ニキビとニキビ跡

 

ニキビ跡はニキビよりも、治るのに時間がかかります。
残念ながら、1ヶ月位のケアでは綺麗には治らないんです。
ニキビのケアは、毛穴詰まりを洗い流したり、炎症を抑える薬を塗ると、早めに改善します。

 

ニキビ跡のケアは、肌のターンオーバーを整え、肌の内部から改善していかないといけません。
お肌のターンオーバーは通常28日。
正しくケアを行っていたとしても、最低でも3ヶ月〜半年はかかるので、目に見えた変化は直ぐには現れません。

 

ニキビ跡が治らないという人は、同時にニキビが肌にある場合も多いです。
ニキビもニキビ跡もケアの方法は同じです。
ニキビとニキビ跡が同時にある場合は、まずはニキビを減らし、ニキビをつくらない様にしましょう。

 

・きちんと寝る  :ターンオーバーが最大限機能する
・きちんと食べる :肌に必要な栄養が送られる
・適度に動く   :血液が体の隅々まで届けられる

 

ニキビ跡に効果的なスキンケア

 

・正しい洗顔
・良質な保湿
・整った生活習慣

 

ニキビ跡は、クレーターニキビ跡を除き、ほぼ確実に治ります。
スキンケアと、生活習慣の見直しで、あなたのニキビ跡は治り、ニキビ知らずのお肌を目指せるでしょう。

 

更新履歴